調布にある料理教室【K'sk(ケイズケイ)】へようこそ

夏の野菜なのに「冬瓜」と書いて「とうがん」と読み、

中国では、なすもとうがんも体を冷やす食べ物と言われています。

だから、暑気払いに一押しのお勧めの「生姜」をきかせてアツアツでも、冷やしても

夏に元気のでる料理です!

 

***とうがんのくず煮***

【材料】

とうがんのくず煮①なす        4本

とうがん      約400g

むきエビ      150g

だし汁       4cup

生姜        1かけ

 

 

《調味料》

酒         大さじ1

薄口しょう油    大さじ2

(普通のしょう油なら大さじ1

塩小さじ1/2)

《水溶き片栗粉》

片栗粉       大さじ2

水         大さじ2

 

とうがんのくず煮③とうがんのくず煮②1)なすはヘタを落として皮を剥き、

2㌢の輪切りにする。

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑤水に5分程付ける。

 

 

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑥ とうがんのくず煮⑦とうがんは種をとり、皮を厚めに剥き、

1)なす位の大きさに切る。

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑧ とうがんのくず煮⑨むきエビは背ワタを取り、

横半分に切る。

 

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑩下処理した材料はこんな感じです。

 

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑪ とうがんのくず煮⑫2)鍋にだし汁・1)とうがんを入れ、

蓋をして強めの中火で5分程煮る。

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑬3)1)のなすを加え、

 

 

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑭再びフツフツしてきたらエビも加える。

蓋をして7~10分程煮る。

 

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑮4)酒と薄口しょう油を加え、汁がフツフツして来たら、

水溶き片栗粉を流し入れ、薄いとろみを付ける。

 

 

 

 

 

とうがんのくず煮⑯5)器に盛り付けて、おろし生姜をのせる。