調布にある料理教室【K'sk(ケイズケイ)】へようこそ

この時期、あちこちでマンゴーが目に付き始めます。

しかし国産はとてもお高くて・・・

そこでマンゴーピューレを使ったお菓子を。

生地が柔らかいので口金1㌢を付けた絞り袋に入れて

お菓子の型や製氷皿に流して4~5時間以上常温で乾燥させて

保存は冷蔵庫で・・・

今回はマンゴーで作りましたが

いちごやメロン・パインアップルなどでも作って下さい。

フルーツのピューレは製菓材を扱うお店で購入出来ます。

一番簡単なのは缶詰をミキサーにかければ作れます。

***マンゴーのマシュマロ***

【材料】

マンゴーのマシュマロ①マンゴーのピューレ(冷凍)80g

グラニュー糖                      70g

板ゼラチン                             9g

水あめ                                  10g

レモン汁                           小さじ2

コンスターチ又は片栗粉      適量

 

マンゴーのマシュマロ②1)板ゼラチンは氷水に浸しておく。

 

 

 

 

 

2)型にコンスターチ又は片栗粉を茶こしでふるっておく。

マンゴーのマシュマロ④3)ボウルに1)板ゼラチンを軽く水気をきって入れ、

レモン汁と共に入れる。

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ③4)鍋にマンゴーピューレ・グラニュー糖・水あめを入れて中火にかける。

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑤耐熱用のヘラで混ぜながらしっかり沸騰させる。

 

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑥ボウルに入れたらヘラで板ゼラチンを綺麗に溶かす。

 

 

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑦5)ハンドミキサーの高速でしっかりと泡立てる。

白っぽくなり、ふわっとしてボリュームが出てきたら、

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑨1㌢の口金を付けた絞り袋に入れる。

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑩2)の型に流し入れ、ラップをかけて4~5時間以上室温で固める。

Point:表面を指で触ってつかなければOKです。

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑪

型の上にコンスターチ又は片栗粉を茶こしでかける。

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑫6)5)の型から外し、好みの大きさに切り分け、

コンスターチ又は片栗粉をバットに入れて絡める。

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑬刷毛で余分な粉をはたき、冷蔵庫に保存し、

食べる時は室温に戻せば、柔らかくなります。

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑭完成です!

 

 

 

 

 

 

マンゴーのマシュマロ⑮ケースにシリカゲル(お煎餅などに付いている乾燥剤)

を入れてお友達にプレゼントしてはいかがでしょう